*All archives   *Admin

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑

2009.01.23 (Fri)

大衆演劇とワフワフ濃太郎

20090123235048
20090123235046
20090123235044
20090123235041
写真はワフワフ濃太郎 抜け毛が頭についてモヒカンチックになってます

いつも、ワフワフがついた濃い太郎を見ると『かわゆい♪ルン♪』て昔の少女漫画な感じです

さてさて、少し前に行きつけの桃太郎温泉で初めて大衆演劇を見た事を思い出しました

どの大衆演劇も一ヶ月公演らしく座長さんが大入りの話しをしたりしてました

まあ、その座長さんはちょっとゲセワな感じで話しの内容が何人入ったかとかお金を匂わせる感じ。
余り私は関心せんかった

でも大衆演劇で気付いたことは沢山あって、やはり夢を売る商売だから私と同じ(カフェ業)サービス業

そして、お客さんと近いぶん色んな事でプロフェショナルでなければいけないのだなあと思いました
ダイレクトに返ってくるお客様の反応は収入に関わるし、笑いもいるし泣きもいる。観る側のおばちゃんはとても芸にウルサイようで着物があーだ、あの子まだまだ踊りが出来てないだ~とか言いまくりです

それに演劇と歌謡ショーだけでなく、グッズ販売などやお食事会もするようでした。 大変だ~ファンをつけるには結構なカリスマ性がいるわなぁと思いましたね。

今日のテレビの歌舞伎番組を見ても思いました。

消費する側じゃあないかぎりどんな物もプロフェショナルで有るべきとか、自分なりの妥協のないありかた?とか…真面目さとか?

上手く逃げる所もあって良いけど外し無いとこは外さない事?心?自分?とか考えた今日この頃でした(笑) 今の職場で果たして自分はプロといえるのだろか。

でも、こんな考えも今はあって『自分らしく生きれる物、事、職場でプロフェショナルになりたい』という事

プロってその道のプロなわけで、例えばその道の先に自分が求めている物が有るのならその道、物や職場、職業で頑張って行く、『その』の『その』に染まる事は良いと思う。だって『その』になりたいんだもん、『その』に染まら無ければ『その』道のプロとは言い難い気がするかな… 私はどの『その』道をいくのでしょうか、八割がわかってますが後二割は自分の腹次第と感ずいている自分がいます…。
まずは、セカンドコミュニティーのワークショップをお客様に楽しんで貰うよう頑張ります

私らしいその道のプロになる一歩です

うん、えーようにまとまったなぁ。うん。
スポンサーサイト
23:50  |  日記  |  TB(0)  |  CM(2)  |  EDIT  |  Top↑

濃太郎温泉…温泉とコイネズミヨウムの繁殖店舗…画伯喜ぶわ~きっと(笑)

自分の目指す『その』は見えたら早いっすな。
はだかの王さまじゃなく、良い感じに傲慢で有りたいと思う今日この頃よん♪
えり幸 |  2009年01月26日(月) 15:15 | URL 【コメント編集】

★No title

思わず「桃太郎温泉」を、「濃太郎温泉」って読んじゃったよ。。。

結局シュウさんがいう『その』を私も極めたい。追求したい。結果を出すことは単に手法であって本当の目的ではない。漠然として見えないからこそ未来は面白いし、そこに真実があると、思う。そんな今日このごろですわ。
恵流 |  2009年01月25日(日) 23:02 | URL 【コメント編集】

コメントを投稿する


 管理者だけに表示  (非公開コメント投稿可能)

▲PageTop

この記事のトラックバックURL

→http://32syu.blog6.fc2.com/tb.php/625-09134ae5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。