*All archives   *Admin

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑

2012.04.02 (Mon)

生きれるものを食す





なんだか洒落た題名ですが簡単にゆうと

鹿捌いて食べた

そんな感じです(笑)

昨日は午前の仕事が終わって、さて中休憩しょうかな~と思ってたら

仲良しのかんちゃんが、『鹿てにはいったでー!!!!!』ものすごい勢いで電話してくれました

なんでものすごい勢いなんかってゆうと、『鹿捌きたいわ~』って前日話したばかりだったから、あまりにもタイミングが良すぎで大興奮だったんだよね

人の事はいえない

わたくしその電話で、お疲れモードはどこえやら『マジでー!やったー!』って80年代ばりの背面反りジャンプを…してないけいどしそうな位興奮しました

念願の一頭狩りならぬ、一頭丸々捌き

ずーっと、イノシンかなんかとりあえず一頭丸々を捌いてみたかったから

なんでかってゆうと…ま、初めての事が好きだから

とカッコイくゆうなら、レオナルドダ・ビンチかアインシュタインも知りたいとゆう欲求と生物の筋肉、内蔵の構造を研究するため…になんかかんか捌いていたもよう

ぐだぐだや…

とりあえずその日は急きょミキティに長めの休憩を頂いてイザ鹿の元へ~♪
普通バイトでも、『鹿捌きたいから休憩長くしてください』なんかゆるされんやろ、寛大なココロのミキティに感謝~ありがとう~♪

え~、ほんまに一頭いました(笑)
内蔵は山で出してあったけどまんま鹿ですわ

鹿を取ってくれたおじ様二人に大変な手間をかけさせてしまいましてお二人にも感謝

こうして考えたら、『鹿捌く』て事にもどれだけの人の優しさが愛が関わっているんだろうかって思いました。
だれかの、要求を叶えるために手間と『叶えてあげたい』って想う沢山の人の優しさがみえて私も感謝して今度はだれかにお返しせんとね

一つの命を私たちが好意に手をかけて頂き自分の肉になる
ベルトコンベアーでただ日々流れていくような『あたりまえ』をたまにはじっくり感じてみる
大切かもしれん
食事や日常関わり全てにいえるなぁ~

鹿肉は、レアな背中肉とかも頂いてほとんど二人で半分こしてもらって、家で唐揚げにしたよ
今日はソテー

くさみなし~やわらか~♪


画伯に鹿捌いたで!ゆうたら
あんがい冷静に良かったがんゆうて笑うてたわ



スポンサーサイト
10:27  |  日記  |  TB(0)  |  CM(2)  |  EDIT  |  Top↑

★No title

mihoさん

知りたい!って要求は恐ろしいね(笑
こんな感じで私生きてます

馬があまり食べたことないからわからんけれど
若ジカだったからほんと、牛とか豚とかともちがって
独特のってのがなかったよ。
大人の鹿だったらちがったかもー

冷凍してるのでまたご馳走できたらいいなー。
えり幸 |  2012年04月02日(月) 11:28 | URL 【コメント編集】

★ほえ~

こっちには初コメントです。
しかし。
みっつん・・・すごいよ・・すごすぎるよ・・・
鹿を捌ける女・・かっこいいっす。
ちなみに鹿は食べたことないです。馬に似てるのかな?
maho |  2012年04月02日(月) 10:44 | URL 【コメント編集】

コメントを投稿する


 管理者だけに表示  (非公開コメント投稿可能)

▲PageTop

この記事のトラックバックURL

→http://32syu.blog6.fc2.com/tb.php/1074-459a7deb
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。