*All archives   *Admin

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑

2012.03.16 (Fri)

夜行バスにて東京へ

今日の深夜ばすで東京にいってきます!アトリエワイエス

【表現アートセラピー・春の特別企画第1弾】
 12 - 魂の使命をみつける -
 " Dynamic Dialogue "
  対話を通して学ぶドリームマップファシリテーション

とゆうのに行ってきます!
私は沢山学んで、それを必要とする人にアレンジして届けていきたいとおもってます。

それが、ワークショップなのか、料理なのか言葉なのか、ただ聞くことなのか・・・
その時でたぶん違うけれど、相手が心地よく前に進めることができたら幸せだなって思います。
だから、沢山方法をまなんでいたい。 自分の中にストックしていたいって思うんかもね。

誰かが私を必要とした時に尻込みしないで立っていられるように、愛で満たすことができるように
愛情深く大きく育っていきたいなー。


IMGP9110_convert_20120302183455.jpg


【表現アートセラピー・春の特別企画第1弾】
 12 - 魂の使命をみつける -
 " Dynamic Dialogue "
  対話を通して学ぶドリームマップファシリテーション


春ははじまりの季節です。
2011年の春の起こった震災は、私達日本人にとって大きな試練となりました。その体験からおよそ1年、私達はこれまでの価値観を見直し、ビジョンを再構成する機会となったことでしょう。
そしてまた春がやってきます。
この種まきを意味する季節をあなたはどんなふうに過ごしたいですか?
人は恐れを感じたり、求めるものへの渇望から、バランスを崩して本当の自分の望むものから手を離してしまいます。夢を描くことよりも、恐れから逃れることを選択してしまうのです。防衛から行動を起こしても、結果は恐れの種から実る結果を刈り取るしかありません。
私達に必要なのは、不安か身を守る防具ではなく、喜びを感じるセンサー、つまり実感する能力だけなのです。
毎年春分の恒例となったドリームマップ。毎年春分という生命の芽吹きの季節に今年の抱負を創る大切なコミットメントワークです。この時期作成した夢の地図はその年を予言する道標となります。過去10年以上、このワークを通して実現した夢は数えきれません。そして、2012年という年は占星術やスピリチュアルな世界では特別な区切りとなる意味深い年だそうです。
この重要な年のドリームマップは、魂の使命(願望)を実感するためのセンサーをクリーニングする方法を学びます。
深い自分自身のニーズを理解するための、ダイナミック・ダイアローグのワークをとおして、本当の夢に向かうための道を探ります。
自分と他者。自分と無意識の自分。様々な対話の中から、自分の本心をつかんで行くワクワクするプロセスを体験してください。
アートワークファシリテーターを目指す人、ドリームマップを将来提供したいという人にむけてのレクチャーを含むスクーリングプログラムとなっています。
※3日目のスクーリングを希望しない方は3日間のコースとなります。

<講習詳細 >
1日目 ドリームマッププロセスワーク
2日目 ダイナミック・ダイアローグプログラム
3日目 ファシリテーション講座(スクーリング)
4日目 ドリームマップ作成
ドリームマップワークショップ第一弾の対話のWSは、自分の夢の本質について探究するワークです。
自分の本当の望みが明確化されないと、夢が描けません。
多くの人が願望や夢だと思い込んでいること(成功したい。結婚し たい。有名になりたい等)は、世俗的な通念だったりするのです。 つまり、自分のオリジナルの思いではなく、社会や親から受け継いだ価値観に沿った願望だということです。
本当の夢とは、自分の中に存在する深い自己(魂)の望みに沿ったものなので、それに一致していないものは、葛藤を生みます。
対話のWSでは、この葛藤をみつけだすためのダイナミック・ダイアローグの手法に従って、自分の夢の概略(イメージ)を明確化していきます。
ダイナミック・ダイアローグとは、完全に安全な空間での対話のもつクリエイティブな発想と直感を導き出す手法です。夢実現しない葛藤を創り出さないためには、かつて採用してしまった間違った観念を書き換える必要があります。
そのためのアイデアをグループセッションの中で見つけて行きます。
3日目のスクーリングでは、夢を実現するためのメカニズムと、それをサポートするためのアイデアについてレクチャーがあり、集団との間で自分の本質を表現し、調和するための実習を行います。
組織で仕事をする必要のある人。教師的な役割の人、グループワークを提供したいと願っているひと。援助職の人など、参考になるワークです。
スポンサーサイト
15:36  |  日記  |  TB(0)  |  CM(1)  |  EDIT  |  Top↑

行ってらっしゃい!エリさんによろしく~!
かぴ~ |  2012年03月16日(金) 19:11 | URL 【コメント編集】

コメントを投稿する


 管理者だけに表示  (非公開コメント投稿可能)

▲PageTop

この記事のトラックバックURL

→http://32syu.blog6.fc2.com/tb.php/1056-3c1e68be
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。