*All archives   *Admin

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑

2012.03.08 (Thu)

陰陽の事考えたら・・・

気になる「陰陽」マクロビでもそうですが、陰陽って言葉やマーク詳しくは知らなかったですが、調べたらとても
とても共感できる内容でした。下に記載しましたので読んでくださいね。
                                                 

      陽は善ではなく、陰は悪ではない。陽は陰が、陰は陽があってはじめて一つの要素となりえる 


                        innyou.png




この文面がとてもよかった。
光も闇も必要で当たり前にあるもの。どちらが特別でもなく、どちらが不必要なこともない・・・・。
人間だけが、ポジティブシンキングなどと「光」ばかりを特別にする。
そして、光とゆう名の闇におかされていく・・・・光に目を奪われて光の中の一点、闇を見失う、だから闇がブラックホールのように光を飲み込み始めても気づかないのだ。

多分人は弱くて愚かなで超越された存在ではないので、心が闇に落ちることがおおいいのだね。
未完成でうまれ未完成で生きてくカラダも思考も存在も。
もともと闇、陰の要素がおおいいのかも?
悩めることがてんこ盛りの人間に生まれてなにを学んで自然に帰るまで何を生み出すのか?
それさえも必要か?わからない・・・

土にかえり養分になる前に、私はどんな人間に完成されてるんだろうか
多分シワシワのおばあちゃんだろうけれど、生きてきた道を振り返った時
そこにはどんな道がついてるだろうか

ロマンティックにゆうなら・・・
私は薄暗い森であってほしい 道が少し見えるくらいの大木や木漏れ日や草花がしげり、沢山生命の息づく森
静かで命の水が流れる   そんな森が造れたら満足かもしれない・・・・

・・・・・・あれ!?変なスイッチはいちゃった(笑)でも、そう思うのだよほんとに(笑




☆はい、これが変なスイッチはいちゃう文章☆
>原初は混沌(カオス)の状態であると考え、この混沌の中から光に満ちた明るい澄んだ気、すなわち陽の気が上昇して天となり、重く濁った暗黒の気、すなわち陰の気が下降して地となった。この二気の働きによって万物の事象を理解し、また将来までも予測しようというのが陰陽思想である。
受動的な性質、能動的な性質に分類する。具体的には、闇・暗・柔・水・冬・夜・植物・女、光・明・剛・火・夏・昼・動物・男などに分けられる。これらは相反しつつも、一方がなければもう一方も存在し得ない。森羅万象、宇宙のありとあらゆる物は、相反する陰と陽の二気によって消長盛衰し、陰と陽の二気が調和して初めて自然の秩序が保たれる。
重要な事は陰陽二元論が、この世のものを、善一元化のために善と悪に分ける善悪二元論とは異なると言う事である。陽は善ではなく、陰は悪ではない。陽は陰が、陰は陽があってはじめて一つの要素となりえる。あくまで森羅万象を構成する要素に過ぎない。戦国時代末期に五行思想と一体で扱われるようになり、陰陽五行説となった。
スポンサーサイト
21:49  |  思考  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

コメントを投稿する


 管理者だけに表示  (非公開コメント投稿可能)

▲PageTop

この記事のトラックバックURL

→http://32syu.blog6.fc2.com/tb.php/1043-0942ff82
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。